2011年05月31日

プリンセストヨトミ

一昨日の日曜日、久々に映画を見に行ってきた管理人ですこんばんはー

台風2号の影響で天気が悪いから人が少ないかと思いきや、天気が悪いからこそ映画館からアパレル店舗、飲食店が全部まるっとあつまる複合型ショッピングモール系にあつまる人々。駐車場に入るまでにそれなりに時間がかかるわ、予想以上の人ごみにぐったりしました。ぐったりー
おかげで見たその日どころかその翌日にブログのネタにする気力はナッシング。
火曜日の本日ブログをアップしにようやく上がってこれました状態です。


今回プリンセストヨトミをチョイスした理由。
1)どの映画を見るか以前に某映画館のポイントが貯まって1回無料券があった
2)SPを見に行ったときに見た予告編が面白そうだった。
  ・・・というか、堤さんがでていたから見てみたくなった(笑)


SPで堤さんの演技にほれ込んだ管理人。
絶妙のタイミングで予告映画を流しているなープリンセストヨトミと思わずにはいられませんでしたSPを見に行ったとき。

ランキングバナー

にほんブログ村 OL日記ブログ ひきこもりOLへ
 
↑に参加中。ぽちっと押してくださるとうれしいです。
 


予告を見たときには、歴史ミステリーとか何かの権力(行政とか国???)VS大阪要素の強い映画なのかなー?と思っていたのですが。ふたを開けてみたらラストは人の思いとか、人と人との絆・・・というか、父と子の絆(関係のあり方)がメインになっていて思わずほろりと涙が流れるお話でした。
タイトル:プリンセストヨトミは主人公とかじゃなくて物語のキーワード(象徴)的な扱いでした。ポスターに書いてある言葉そのまんまです。まさかのトヨトミの末裔本人の登場率(時間)はそんなに多くないわ、当の本人は知りません状態・・・(ええー)
ミラクル鳥居は色んな意味でミラクル鳥居でした。前半はありがちな仕事に役立つミラクルで後半はどう位置づけてよいのか判断に困ったミラクル行動をおこしていたな・・・

どうでもいいことですが。
なぜかバニラアイス(ソフトクリーム)が好物という設定だった鬼の松平(堤真一)さん
あれ、絶対将来糖尿病になりそうだな・・・と思わずにはいられませんでした。
撮影中にいったい何個食べたんだろうアイスクリームとソフトクリームw
松平が泊まったホテルの机の上にLでぃーぼーでんのアイスのカップ(ホームサイズ)があるのを見た瞬間、『うわ、ここでもアイスがでてきたよ。しかもホームサイズかよ!w』と心の中で突っ込まずにはいられませんでした。
実際にアイスのカップからスプーンですくって食べるシーンはなかったのですが。
スクリーンの隅っこ?に移っていたホームサイズなアイスカップに気づいたために(通常の一人分カップサイズじゃないってところがポインツw)ホームサイズのアイスを抱えてスプーンでほおばる堤氏の姿を想像してクスっと笑う演出なのかしら?どうなんだろう・・・?と、なんとも微妙な気分になりました。
物語の展開的にはけっこうシリアスモードというか、緊迫した方向へと流れ始めたところだったので(え?アイスカップを見てそこまで想像する人はお前だけだって?)


父と子の関係というと、こう、重い感じがしますが。時々、クスっと笑える要素もある映画でした。
前半は思わずクスっと笑うシーンがちらほらありました。あと、調査官3人のやりとりが楽しいかったです。
そしてタイトルはプリンセストヨトミだけど主人公は鬼の松平さん(堤真一)でした。
ラストで松平さんが拳銃で撃たれたり、「負けたよ・・・」(何に負けたかは見てのお楽しみ)発言をしたりしますが。終始、まじめ一辺倒というか険しい顔ばかり(笑ったところをみたことがない/鳥居談話)だった松平さんが、最後すっきりした穏やかな顔で、亡き父が自分を連れて行きたかったであろうじゅうたんの道を歩いていく姿をみて、じんわりとこう、くるものがありました。
うん、これは最後はハッピーエンド系なお話だ。

SPでは信じていた人に裏切られて獄中へ・・・役だった堤さん。
その影響もあって、この映画では過去のわだかまりとか色々をすっきりさせれてよかったね!(=ハッピーエンド)と、なおさら感じたのかもしれません。


ランキングバナー

にほんブログ村 OL日記ブログ ひきこもりOLへ
 
↑に参加中。ぽちっと押してくださるとうれしいです。
 

posted by ユキウサギ at 23:02| Comment(2) | 映画・てれびとか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お久しぶりです!

私も見ました、プリンセストヨトミ。
原作が出たときから気になってましたが、
けっきょく原作未読のまま映画を見ることに
なりました。
想像と違うストーリーだったけど、良かったです。
ミラクル鳥居、一番のミラクルは、
無人の大阪を走るときの・・・揺れるおっぱい。でした。
どこのオヤジだ、私はと思いつつも、目が釘付けでした(^v^)
父の日シーズンにぴったりの映画でしたねー。
私も、ホテルのアイス、気づいてましたよー。むっつり面とのギャップが可愛かったです!
Posted by ぴよこ at 2011年06月05日 12:31
>ぴよこさん
 お久しぶりですこんばんはー

 いい映画でしたよねープリンセストヨトミ。
 想像とは違うストーリーだけどいい意味で裏切られたパターンでした。

 ミラクル鳥居に対する見方がすばらしいですw<揺れるおっぱい
Posted by 管理人:ユキウサギ at 2011年06月05日 23:51
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。