2011年05月27日

その気持ちはわかるw

うんうん。わたしもキミたちと同じ年頃のころ、同じような期待をしたことが何度もあるよ〜

と、思わずにはいられない会話を聞いた管理人ですこんばんは。


会話の主は近所の中学生(♂)ふたり。


A「月曜日って台風で学校休校になるのかな」(期待を込めた雰囲気w)

B「どうかなー。って台風で学校が休みになったことってあったっけ?」

A「・・・中学になってからはないなw小学校は・・・」

B「小学校もなかった気がする。
  台風よりもむしろゲリラ豪雨とかで休みになったことの方が多くね?」

A「俺は小学校のとき、2回あったなー」

B「マジ?」(いいなーっというオーラが漂うw)
  ※どうやら二人は小学校が違うらしい。
 「ゲリラ豪雨で休みになったことならあるけど
  台風で学校が休みになったことないから今回きたらはじめてだよ」


実際にやってくると停電とか色々困ったことになるかもしれない台風。
でも、接近してます天気予報を見ると「ホントに来るのかな〜?」と妙に嵐の前はドキドキした記憶があります子どものころw

そして「学校が休みになるかなー?」という期待もしたサ。


でも、それ以上に停電になると電気も水も止まるから困る
(実家は井戸水→停電すると水も止まる)という危機感の方が強かったな…(遠い目)


今と違って昔はちょっとしたことで停電になっていたからね。
近くで稲妻が走るたびに瞬間停電が断続的に起こったり、台風で電線が切れたり、台風が去ったあとに塩害で3日間停電が続いたり・・・(忘れもしない台風19号の被害)

技術革新と過去の災害への対策により、今は停電することがかなり減ったというのはわかっているのですが。
『雷or台風=停電の危険性』という図式が経験上インプットされているため、未だに台風が天気図の隅っこに登場すると「あ、台風がいる・・・」と妙に気になり。接近うんぬんと天気予報で言われる前から「こいつ、こっちにくるのかな」とか「台風に備えねば…!」という気持ちになります。



さて、どうなる月曜日。


ランキングバナー

にほんブログ村 OL日記ブログ ひきこもりOLへ
 
↑に参加中。ぽちっと押してくださるとうれしいです。
 

台風よりもゲリラ豪雨で学校休みの方が多いという会話に
時代の流れを感じた今日この頃(゚Д゚)
 

posted by ユキウサギ at 21:46| Comment(0) | 時事ネタ? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。