2010年08月26日

生活費の出し入れ(略)〜その2〜

今日も暑くて汗だくだくな管理人ですこんにちは。


電脳の海を漂っていたら、『毎月光熱費など固定支出を給与口座から別口座に移すのが大変&季節によって変動があるので年に一度まとめて入金→毎月給与口座にプール積立→翌年それを光熱費用口座へまとめて入金している』という方をみかけました。


おおっ なるほど!


確かにこれならば季節によって「今月は電気代が…!orz」ってなっても引き落としに困ることはないし、忙しい時期に引き落とし日までに入金しなきゃってあせることもない。
これはいい方法だと思ってとりあえず1年分の光熱費など固定支出を書き出してみた。



ランキングバナー

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村

  


<H銀行>8万6,000円
  電気:4,000×12=48,000円 → 5万円
  県民共済:2,000×12=24,000円
  浄水器:1,000×12=12,000円


<R金庫>22万4,000円(又は22万6,400円)
  ガス:5,000×12=60,000円
  水道:1,700×12=20,400円(又は3,300×6=19,800円→2万円)
  通信:8,800×12=105,600円(又は9,000×12=108,000円)
  NHK:15,000円(年払い・端数切り上げ)  
  サプリ:1,880×12=22,560円 → 23,000円


猛暑とかでエアコン利用率UPしていることを考慮して電気代はちょっとプラスして5万円で計算すると年間で8万6,000円H銀行の口座から引き落とされることになります。
給与振り込み口座でもあるR金庫からの方は最低22万4,000円あれば大丈夫
(最高でも22万6,400円)(計算上)
二つ合わせて最低31万円〜最高31万2,400円

計算してみたら31万円とキリがいい数字。
某茄子や今年の積立分(貯金)とかを利用すれば年末に翌年分の固定支出日をどかんと口座にプールすることは不可能ではない金額。
それにこの金額は現在の毎月の予算(端数を切り上げたもの)から計算した金額なので実質的には30万ですむかも。
まどめて1年分プールしておけば、『端数をどう組み合わせて1000円単位のキリのよい数字にするか・・・』と悩んで毎月の予算の組み合わせを考えなくていいし、
(現在は入金の都合上それぞれ毎月1000円単位でまとめないといけないが、1年分ならば毎月は100円単位まとめが可能になる)
光熱費の季節変動による一時的な赤字も気にしなくてすむ。
万が一、年間合計が当初プール金よりも若干オーバーしたとしたら年末調整のごとくまるっとまとめて穴埋めすればいい(ちょうど某茄子シーズンだしな)

そして、年間合計を12で割った金額を予算としてまとめて積立→そのまま翌年へスライド(できたらループ)へ。
場合によっては、年の途中で某茄子(夏)とあわせて定期預金にする(夏のキャンペーン金利で預ける定期の額を増やす)…なーんてことも可能になる
(総合口座にそのまま寝かしておくよりその方がちびっとでも金利がかせげそうだw)
しかも毎月の貯金用の口座へ一緒に積み立てればある程度まとまった金額(10万円)が今よりも早い段階でできるから、いざという時困らなくて済む確立もあがりそう
(そんなことは起こらない方がいいが)


うし。来年からはできたらそうしよう。なるべくそうするようにしよう。
いきなり合計30万は無理でもとりあえずH銀行8万6000円は間違いなくできるハズ。
(2年計画でやればR銀行分22万4000円もできるだろ)

そしていずれは他の固定支出…たとえば固定資産税とか火災保険・地震保険(そういえば今年契約更新年度なんじゃ;)とか住宅ローン…はさすがに無理かw



こうして考えてみると、

『いざという時の備えとしてまずは半年分〜できたら1年分の生活費を貯金しよう』

という貯金初心者へのキャッチフレーズ?は正しいな〜と思わずにはいられません。
こういうことを考えることができるのも、家計簿をつけていれば…のこと。
(記録がなければ反省とか検討は無理だ)
やはり、貯金の基本は『家計簿をつける→チェックする』ですね!

定期的に(最低年に一度は)『今の生活にこの家計簿(やり方)でいいのかな?他に方法はないかな』と振り返ったり点検しつつ、ぼちぼちと家計簿を続けていきたいと思います。



ランキングバナー

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村

  

posted by ユキウサギ at 20:45| Comment(2) | 家計簿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
固定資産税とか車の税金とか年払いのものについては毎月12割した金額を積立し、
ボーナスが余れば積立にまわして、月々の積立金を軽減したりしてます。
そうすると常に積立口座にはある程度の金額が貯まっているので、
突発的な支出や変動の大きい光熱費等の一時的な補填にも活用できて良いですよ。
Posted by よしむ at 2010年08月26日 23:31
>よしむさん
 年払いモノ積立をしておくと、突発的な出費のときに助かりますよね。
 そこから一時的にお金を借りれば(これを私はMy借金と呼ぶw)
 外からお金を借りずにすむ=キャッシング金利の重さを背負わずにすみますね!

 車の保険については年払い&毎月12割した金額積立をしていますが
 固定資産税とかはまだ十分できていない状態なのです。
 今後、少しずつこの手の積立額を増やしてMy借金可能金額を
 増やしていきたいです。
 
  
 
 
Posted by 管理人:ユキウサギ at 2010年08月28日 10:41
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。