2010年01月27日

住宅ローン控除手続き変更のお知らせ

正式名称は長いので記事タイトルでは略すことを試みた管理人ですこんばんは。


この時期にしては珍しいところから郵便物がきました。
差し出し主は市役所(最寄の区役所)
あけてみたら『平成22年度 市民税・県民税住宅借入金等特別税額控除(住宅ローン控除)について』のお知らせがでてきました。
市民税・県民税と別々に書かれているけど給与明細書ではまるっとまとめてあるよね。
住民税って。


所得税と住民税の税率の変更に伴い、一部住民税へと住宅ローン控除が移動→所得税と住民税、それぞれに控除の届出をださないといけない状態になりましたが。税制改正に伴い、今度から住民税の方には出さなくてよくなったそうです。新たな制度では2つの計算方法があり、どちらか少ないほうの金が適用されるそうです。また、従来どおりの算出方法による控除を受けることもできるそうです。この場合は届けが必要のようです。

所得税と住民税の税率が変わる前は、税務署オンリーだった住宅ローン控除。
税制度の変更で今までなかった仕事(住民税の住宅ローン控除申請)が一気に増えて各市役所・区役所などは大変だったでしょうからねー
手続きが簡略化は控除を申請する側も対応する窓口の方も楽になって一石二鳥です。


でももう私は関係ない話なんだけどね!



住宅ローン残高が減るにつれて減っていく住宅ローン控除額。
「所得税>住宅ローン控除額」となった年から住民税からの住宅ローン控除はなくなり、申請は不要となります。
昨年度は急な出費が重なり受託ローンの繰上げ返済はできませんでしたが、平成21年度年末段階で計算上「所得税>住宅ローン控除額」になっているので、今回の案内はもう私には関係ない話(のハズ)

正確な金額は近々職場から貰う予定の源泉徴収を見ないとわからないのですが。
住宅ローン控除によって所得税の欄が「0」となっていることはもうないハズ。
(去年までは所得税の欄が「0」だった)


・・・ってことは。
6月から住民税があがるってことになるんだよね・・・orz
(去年は住民税からも控除を受けることができたから今は少し減っている状態の人)



なんだかんだと手取りがどんどん減っていく日々に涙です・゚・(´Д⊂・゚・


ランキングバナー

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄・節約へ
 

posted by ユキウサギ at 22:07| Comment(0) | 税金関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。