2009年07月25日

新築マンションの購入はある意味賭けである

改めてそう思わずにはいられない管理人ですこんばんは。

もっと言えば、新築・中古限らず、マンションを買うことは建物だけでなく、その管理体制もひっくるめて買うことなんだと思います。

中古物件ならば、マンションが立っている周りの生活環境・立地条件などの事前チェック(情報収集)だけでなく、すでに管理組合も立ち上がっているし、管理人さんとかそこに住む住人のことなどの情報をある程度手に入れることが可能です。

が。

新築物件(特に今から工事しますよーor今工事してます)の場合、入ってみないとわかりません。私の場合、比較的最後ごろの購入者だったので購入契約した隣の家族構成(契約成立の方だけ)を販売担当の人に教えてもらうことができましたが、それ以外は入居してみて知った状態。
それ以上に重要なのが、どんな管理人さんがあたるか?(どこの管理会社と契約するかも含む)だということだと今年になって改めて思いました。

なぜそう思ったかというと、最初のきっかけは今年の春、祖父母の引越しを手伝ったこと。そして、もうひとつのきっかけは今回病気休暇をとることになったからです。

今まで仕事で昼間管理人さんに会うこととか、その仕事振りを目にする機会があまりなかったのですが。今回仕事を休んだことでその機会がありまして。
こう思わずにはいられませんでした。


うちのマンションの管理人さんは
いい人(あたり)でラッキーだった、と。





ランキングバナー

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄・節約へ
 
↑に参加中。ぽちっと押してくださるとうれしいです。
 続きを読む

posted by ユキウサギ at 21:15| Comment(0) | マンション関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。